橋本左内(1834-1859)『啓発録』

一.稚心を去る(去稚心)

稚心(ちしん)とは、をさな心と云ふ事にて、俗にいふわらびしきことなり。菓菜の類のいまだ熟せざるをも稚といふ。稚とはすべて水くさき処ありて、物の熟して旨き味のなきを申すなり。何によらず、稚といふことを離れぬ間は、物の成り揚る事なきなり。
 人に在りては、竹馬・紙鳶(たこ)・打毬(だきゅう)の遊びを好み、或ひは石を投げ虫を捕ふを楽しみ、或ひは糖菓・蔬菜(そさい)・甘旨(かんし)の食物を貪り、怠惰安佚(あんいつ)に耽(ふけ)り、父母の目を窃み、藝業(げいぎょう)職務を懈(おこた)り、或ひは父母によしかゝる心を起し、或ひは父兄の厳を憚(はばか)りて、兎角(とかく)母の膝下(しっか)に近づき隠るゝ事を欲する類ひ、皆幼童の水くさき心より起ることにして、幼童の間は強いて責むるに足らねども、十三四にも成り、学問に志し候上にて、この心毛ほどにても残り是れ有る時は、何事も上達致(ついた)さず、とても天下の大豪傑と成る事は叶はぬ物にて候。

二、気を振ふ(振気)

気とは、人に負けぬ心立てありて、恥辱のことを無念に思ふ処より起る意気張りの事なり。振ふとは、折角自分と心をとゞめて、振ひ立て振ひ起し、心のなまり油断せぬやうに致す義なり。
 この気は生ある者には、みなある者にて、禽獣にさへこれありて、禽獣にても甚しく気の立ちたる時は、人を害し人を苦しむることあり、まして人に於いてをや。

三、 志を立つ(立志)

 志とは心のゆく所にして、我がこころの向ひ趣き候処をいふ。侍に生れて忠孝の心なき者はなし。
 忠孝の心これ有り候て、我が君は御大事にて我が親は大切なる者と申す事、聊かにても合点ゆき候へば、必ず我が身を愛重して、何とぞ我こそ弓馬文学の道に達し、古代の聖賢君子・英雄豪傑の如く相成り、君の御為を働き、天下国家の御利益にも相成り候大業を起し、親の名までも揚げて、酔生夢死の者にはなるまじと、直ちに思ひ付き候者にて、これ即ち志の発する所なり。
 志を立つるとは、この心の向ふ所を急度(きっと)相定め、一度右の如く思ひ詰め候へば、弥ゝ(いよいよ)切にその向きを立て、常常その心持を失はぬやうに持ちこたへ候事にて候。
 凡そ志と申すは、書物にて大に発明致し候か、或ひは師友の講究に依り候か、或ひは自分艱難憂苦に迫り候か、或ひは奮発激励致し候かの処より立ち定まり候者にて、平生安楽無事に致し居り、心のたるみ居り候時に立つ事はなし。
 志なき者は、魂なき虫に同じ。何時まで立ち候ても、丈ののぶる事なし。志一度相立ち候へば、それ以後は日夜おひおひ成長致し行き候者にて、萌芽の草に膏壌をあたへたるがごとし。